人材育成に役立つ情報がたくさんCOLUMN

<目次>OJTトレーナーの「振り返り方」

OJTはコミュニケーションではなく、育成を目的にします。しかし、手段としてのコミュニケーションも重要です。新入社員向けOJTトレーナーにおける「振り返り方」をテーマにそのヒントをまとめました。

2020.08.03

OJTトレーナーと新人とのコミュニケーションにおいてつい漏れがちなことが経験を「振り返る」ことです。「何度も同じ失敗を繰り返す」「自ら考えることができない」という悩みが多く聞かれますが、OJTトレーナー自身の新入社員への関わり方に、解決策のヒントが隠されています。

弊社のOJTトレーナー研修を導入いただいたお客様限定で提供している「Chiesta for OJT」(https://chiesta.jp/service/ojt/)から、好評をいただいているトピックを「コラム」として公開します。

これは、新入社員の育成を12か月間の「物語形式」で学ぶコンテンツです。新人といっても置かれている状況や背景、考え方、価値観は多様です。様々なシーンでぶつかる課題と、取り組みのヒントを物語形式にすることで、その一端を学んでいただけるように工夫されています。

1ヶ月目:ミーティングをする時には

  • ミーティングをする時には、目的やゴールを明確にする

2ヶ月目:定期的に振り返りをしよう

  • 全体像を見せてから、仕事の指示をする
  • 定期的に振り返りをして、認識を揃える

3ヶ月目:“反省”ではない振り返り

  • 振り返りには、効果的な問いかけが必要

4ヶ月目:振り返りのフレームワーク

  • 「1行日記」で毎日のOJTを振り返る
  • KPT法で「良いところ」にも目を向ける

5ヶ月目:行動を変える問い

  • 自分とは違う視点を持っている人の問いが効く

6ヶ月目:振り返り面談

  • あなたは、半期の振り返り面談で、どんな問いで振り返りを行いますか?

7ヶ月目:人の経験から学ぶ

  • 新入社員が悩んでいる時には、すぐに話す時間を作ると良い
  • 自分の経験が参考になることもある

9ヶ月目:誰と比べる?

  • 人との比較ではなく、自分と比較できるような問いを考える

11ヶ月目:追体験で振り返る

  • トラブルがあった時は、追体験しながら振り返ることが大事
  • 立場を変えて考えさせる

12ヶ月目:節目の振り返り

  • 一年間の振り返りをする時には、成長を実感できるような振り返りをする

「Chiesta for OJT」とは
新入社員OJTを担当する育成者向けプラットフォーム(https://chiesta.jp/service/ojt/)です。弊社のOJTトレーナー向け研修の補完コンテンツをはじめ、「育成にまつわる100のトピック」が掲載されています。その他、各社独自のOJTストーリーを蓄積する、レポート管理をするなどの機能が用意されています。
詳しくは、弊社営業担当までお問い合わせください。

FOLLOW US最新情報をfacebookで!

株式会社ウィル・シード

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1-3-1
朝日生命恵比寿ビル9・11階

03-6408-0801 (代表)