人材育成に役立つ情報がたくさんCOLUMN

OJTトレーナーの「振り返り方」 第3話

OJTは単なるコミュニケーションではなく、その目的はあくまで育成であるが故に、トレーナーは様々なジレンマに向き合うことになります。本コラムでは新人トレーナーが葛藤に遭遇し、乗り越え、成長していく一年間のストーリーとしてOJTに対するヒントをまとめました。

ウィル・シードがOJTトレーナーに研修を行う中、ご質問が多い項目として「振り返る」があります。昨今では仕事内容や職場環境に多様性が生じ、新入社員の仕事も不確実性が増してます。新入社員であっても、自ら考えて経験学習サイクルを回せることが求められるようになりました。本コラムを通じて、新入社員の成長を促す「振り返り方」について考えていきたいと思います。

3ヶ月目:“反省”ではない振り返り

【登場人物】
中田稔(25):総合電機メーカーの商品企画部に勤務。入社4年目。佑介のOJTトレーナー
佐藤佑介(24):商品企画部に配属された新入社員。大学院卒
阿部和美(37):商品企画部の課長。稔、佑介の上司
マスコ(45):BARマスコのママ。辛口だが、愛ある彼女の言葉を聞きに来る人は多い

【ストーリー】
佑介が入社して3か月が経った。今日は七夕ということもあり、社内のカフェテリアには笹竹が飾られている。社員それぞれの願いが短冊に書かれ、彩豊かな空間になっている。

稔は、少し迷いながら短冊に「育成を通じて、自分自身も成長できますように」と書いた。神頼みのような印象もあるが、真面目な稔らしい願いだ。

短冊を見て、「よしっ」と小声でつぶやき、稔は佑介の席へ向かった。

「佐藤さん、来週月曜日の14時から、商品のアイデア出しミーティングをするのだけど、そこで先日話したオーブンレンジの企画を出したいと思っているんだ。よかったら、他社のオーブンレンジのスペックを今週中に調べてもらえないかな?」

「承知しました。他社というのは何社で、どんなオーブンレンジを調べれば良いですか?」

「電機大手8社と外資あわせて15社位。今、それぞれの会社で最も売れているオーブンレンジで。オリジナリティのある企画を出したいんだよね」

「承知しました。要するに、類似商品がないかどうか調べたいということですよね?」

「あ、そう、そう。目的はそこです」

稔は先月、阿部課長から言われた「仕事の全体像を見せて、これからやってもらう仕事がどの部分に当たるのか、何のためにやるのかを話してもらえたら…」という言葉を心に留めてはいるものの、まだうまく説明ができない。

しかも、何か言うたびに「要するに~ということですね」と返してくる佑介に対し、自分がOJTトレーナーの役割を果たせているのかどうか、ますます不安になっていた。

稔は早めに仕事を終え、BARマスコへ向かった。

「こんばんは」

「いらっしゃい。今日はお一人?」

「一人です。とりあえず、生1つお願いします」

「とり生ね。承知しました」

ママのマスコが温かいおしぼりをわたすと、稔は顔に当ててしばらく黙っていた。

顔をあげたタイミングでマスコはニコッと笑い、話し始めた。

「先日ご紹介いただいたオーブンレンジ、調理メニューが豊富で、すごく重宝しています。ありがとうございます」

「そうですか。当社の製品を使っていただけて嬉しいです」

マスコはキンキンに冷えた生ビールをわたし、稔が一口飲むのを待ってから声をかけた。

「最近はお忙しいの?」

「いえ。そんなに忙しくはないのですが、ちょっと悩んでいることがあって…」

稔が言葉を選びながら佑介のことを話すと、マスコは「自分とまったく違うタイプだと、なかなか大変よね」と稔をねぎらい、言葉を続けた。

「その新入社員の方に直接会ったことはないから何とも言えないけれど、もう少し話す時間を増やして、仕事以外の話もできると良いかもしれないわね。ちょっとした雑談って、その人のこと知ることができるじゃない?」

「そうですよね…」

稔は生ビールをぐいっと飲みほし、もう一杯同じものを注文した。

「あの…もうちょっと相談しても良いですか? 上司から新入社員と一緒に仕事の振り返りをするよう言われたので、毎週金曜日に改善した方が良いところを伝えて『何か反省することありますか?』って聞いているんですけれども、『特に…』という返事なんですよね…」

「改善した方が良いところを伝えられて『何か反省することありますか?』って聞かれたら、何だか『反省部屋』に入れられているみたいよね(笑)。そういえば、お客様の中に人生をより豊かにするために、ライフコーチという仕事をしている方々がいるのだけど、その人たちはお仕事の中でクライアントさんに質問をするって言っていたわ」

「質問?」

「話をしながら、効果的な問いを投げると言っていたような気が…」

「効果的な問い…」

稔はスマホで、「振り返り」「内省」「効果的な問い」という言葉を入れて検索すると、たくさんの事例や問いがヒットした。その中で目にとまったのは「あなたは、どう変わりましたか?」という問いだった。

(どう変わった…?)

稔の深い内省が始まった。
<終>

4ヶ月目に続く

【稔のOJTメモ】
・ 振り返りには、効果的な問いかけが必要

RELATED

RANKING

FOLLOW US最新情報をfacebookで!

株式会社ウィル・シード

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1-3-1
朝日生命恵比寿ビル9・11階

03-6408-0801 (代表)