INTERVIEW社員インタビュー

  • コンサルタント
    (人材育成事業)

    2017年入社
  • 商品開発・設計職
    (人材育成事業)

    2016年入社
  • コンサルタント
    (グローバル人材育成事業)

    2014年入社
  • 商品開発・設計職
    (グローバル人材育成事業)

    2016年入社

コンサルタント
(人材育成事業)

2017年入社

想いの強い人と働きたかった

お客様の経営方針・事業目標の実現に向けて、人材育成という切り口から人事担当の方々と共に試行錯誤しています。お客様の中にある「これからの事業には、こういう人材が必要だ」「こういう風に育ってほしい」「こういうことに気づいてほしい」というアイデアを、私たちにお願いすれば実現できると思ってもらえるよう、日々考えながら企画を創っています。

前職での組織運営に対する課題意識や後輩を育成した経験から、自分自身も「人材育成」というテーマを追求したいと考え、この業界に絞った転職活動をしました。ウィル・シードを選んだのは、想いの強い人たちと働きたかったから。単に仕事をする、営業として商品を売るだけではなく、実現したい想いを持った上司に出会えたことが決め手でした。

ウィル・シードは、とにかく熱い。「あなたは、このお客様と何をしたいのか」「研修を受ける受講生にどうなってほしいのか」と自分自身の想いや考えを問われます。そして、夢を語るだけでなく、夢を夢で終わらせないように行動している人たちが多いです。様々なタイプの社員がいるので、自分の幅や考え方も広がったと感じています。

ウィル・シードでは、自分自身のキャリアについても「自分」を持っていることを求められます。「これを実現するために、ここにいる」と、自分なりの考えを持っている人が、力を発揮できる環境だと思います。私はこれから、コンサルタントとしてお客様とともに問題解決に取り組みたい。コンサルタントにも様々ありますが、ビジネスや組織の根幹である「人材」の専門性を磨いていこうと考えています。

商品開発・設計職
(人材育成事業)

2016年入社

常にチャレンジする

国内の研修事業の企画・設計担当として、お客様からご依頼いただいた研修テーマを、研修プログラムや教材として創りあげていく仕事をしています。研修当日はウィル・シード側の責任者として同席し、受講者に価値を届ける瞬間まで責任を持ってフォローします。

今まで人材業界で営業や企画を経験してきましたが、「人」という分野で更にキャリアの幅を広げたいと思い転職しました。この仕事の醍醐味は、人事担当者の潜在的なニーズ“言葉になっていないが確かにある想い”を引き出し、整理すること。限られた時間の中ではお客様と納得いくまで議論することが難しいときもありますが、議論を重ねた研修は受講者の満足度も高く、やりがいを感じます。

企画というと、一見、個人作業に見えますが、様々な人の意見や考えがあってこそ良いものが創れます。先輩方は、嫌な顔せずに何時間でも付き合ってくれます。私は助けてもらうことが苦手だったのですが、ウィル・シードに入って、周囲に助けてもらうことが大事だと改めて学びました。私が悲鳴を上げる前に、周囲からどんどんと声をかけてくれる環境があることに感謝しています。私自身、「周囲の助けを借りながら、一緒に気持ちよく働こう」とする気持ちを一層強く持つようになりました。

ウィル・シードという「場」は、常にチャレンジしている環境です。「できたらいいよね」ではなく、「やっちゃおう!」と行動に移している人が多いので、私自身もワクワクしますし、触発されて新しい挑戦ができるのだと思います。常に変わっていく環境に身を置くことが楽しいし、心地よく感じています。かつて教員をしていたこともあり、今後は、研修という大人の学び場で、講師にも挑戦していきたいと考えています。

コンサルタント
グローバル人材育成事業)

2014年入社

異なる意見を尊重しあう環境

海外進出など、企業のグローバル化を「人材育成」という側面から後押しするコンサルティング営業を担当しています。対象者は、日本を代表するグローバル企業で将来を担う人材。人事の皆さまと共に育成プログラムを一から創る機会にも恵まれ、自分の仕事の影響力の大きさを感じています。

ウィル・シードには、お客様と真摯に向き合う人が多いと感じています。お客様からも「誠実」との評価をいただきます。社内に対しても同様で、上司・先輩は私の提案書づくりに夜遅くまで付き合ってくれます。また、相手の考えを否定する人がいないことも特徴。頭ごなしに指摘するのではなく、異なる意見を尊重しあう環境だと思います。

ウィル・シードでは色々な価値観に出会えます。新卒入社もふくめ、会社の方針として様々な業種・職種の転職者を受け入れていることが大きいのだろうと思います。また、私の場合、社内の海外インターン制度でタイのローカル企業でのビジネスに挑戦し、海外でも更に多様な価値観に触れられたことも財産です。

最近は、様々なものに興味を持つ重要性を強く感じています。仕事だけではなく趣味も含めて、興味があれば没頭できますし、この会社では無邪気に何かに没頭している人の方が、仕事もプライベートも楽しめています。

私も海外への興味が高まってきたので、これまでに国内で有形商品・無形サービスの営業を経験したキャリアを活かして海外での営業にも挑戦したいし、新入社員のOJTトレーナーを経験してからはステージをあげたマネジメントにも挑戦したい。一度きりの人生、自分らしく楽しもうと思います。

商品開発・設計職
グローバル人材育成事業)

2016年入社

派遣経験を次に活かして

グローバル人材育成プログラムの企画設計や、海外へ派遣する際の諸手続きから派遣中のフォローまでを担当しています。例えば、派遣者から提出される週報を読み取りながら、派遣者の状況を逐次把握してお客様と連携したり、派遣経験を単なる自己満足にせず帰国後の活躍に繋げられるように、メールなどを通じて“挑戦行動”を促したりします。

派遣後の研修で、「あのメールに勇気づけられました。ありがとうございました」と声をかけていただけると、この仕事をやっていてよかったなと思います。また、派遣中のサポートをするメンターも含めて社内外の関わる人が多いので、人とのコミュニケーションが好きな私にはとてもやりがいを感じられる仕事です。

ウィル・シードは「明るい」の一言に尽きます。選考中、会議室での面接を終えて社内を案内してもらったとき、明るい人ばかりで、楽しそうな職場だなと感じました。いつも、あちらこちらで打ち合わせや意見交換が行われていて、活発な雰囲気です。

オフィスが、フリーアドレスになったことでさらに活発さも増した気がします。違う仕事をしている人と隣り合わせになることもありますし、目の前で違う仕事の話がされるのを見られるので、自分の視野も広がります。フリーアドレスもそうですが、会社の成長と共に、出産・育児を経験した先輩社員が増えて、組織の作り方や働き方も柔軟に変化させていこうという雰囲気も感じています。

ウィル・シードには、女性の事業責任者やマネジャーなど、ロールモデルとなる先輩がたくさんいます。私も先輩達のようにお客様から信頼されるような人になるために、日々成長していきたいです。

募集職種

株式会社ウィル・シード

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1-3-1
朝日生命恵比寿ビル9階

03-6408-0801 (代表)