体験会・セミナーのお申し込み 詳細SEMINAR

セミナー一覧へ戻る
NAGOYA

2018/11/012019年新入社員研修企画セミナー 「“社会人の一歩”を踏み出すために必要なこと」

なぜ、新入社員は 「言われたことしかやらない」と言われてしまうのか?
いかにして「採用」と「配属」とのギャップを埋めるのか

配属後、多くの新入社員は、失敗を許容してもらえない多忙な職場環境に身を置き、事業全体のほんの一部の仕事を任されます。採用時はどうだったのでしょうか。売り手市場と言われる就職活動を通じて、社会人の華々しい姿を見聞きする機会が多いことは、想像に難くありません。

その結果、“社会人の世界にある前提”を十分に知る機会がないまま入社し、配属先にある現実との乖離にショックを受ける新社会人が年々増加しているように感じます。

最近、新入社員研修のご担当者から多く聞かれる問題意識は「素直で良い子だが言われたことしかやらない」というものです。それは「主体性がない」という表現でも語られます。

しかし、職場に配属された新人が「言われていないことを自ら率先して行う」場面を想像するとどうでしょうか。本当に全ての行動が、職場で受け入れてもらえるのでしょうか。前提を理解しないまま「言われていないことを自ら率先して行う」ことは、企業において、むしろリスク要素とも捉えられるのではないでしょうか。

ウィル・シードでは、新入社員研修を「学生が“社会人の一歩”を踏み出す入口」だと捉え、社会人の世界にある前提を理解することが特に大切だと考えています。

この入り口には何が必要なのか、その後のステップには何が必要なのか、あるいはどのように新入社員と関われば「頭ではなく心で理解」してもらえるのか、を考える機会として本セミナーを企画いたしました。

内容

Session 1 社会人の入り口における環境変化を考える

Session 2 新人期に必要な考え方と行動を考える

Session 3 新人教育の組み立てを考える

※各社とのディスカッションを交えながら進めていきます

日時 2018年11月01日(木)
13:00 - 17:30(開場12:45)

場所 オフィスパーク伏見 第二昭和ビル5A会議室 (地下鉄伏見駅徒歩5分)

住所 460-0008 名古屋市中区栄1丁目23番2号

定員 30名

対象 企業内の人事・教育ご担当者

費用 無料

他のセミナー

ONLINE
2020/10/22

新入社員がVUCA時代に必要となるグローバルマインドセット With/Afterコロナにおける新入社員にこそ必要な「自(社)文化理解」

日時2020年10月22日(木)
場所参加者の方に参加用URLをお送りいたします
対象新入社員研修・グローバル人材育成に携わる部署の責任者及びご担当者様
ONLINE
日時2020年10月29日(木)
場所参加者の方に参加用URLをお送りいたします
対象新入社員研修・階層別研修に携わる部署の責任者及びご担当者様
ONLINE
日時2020年11月04日(水)
場所参加者の方に参加用URLをお送りいたします
対象新入社員研修・階層別研修に携わる部署の責任者及びご担当者様

FOLLOW US最新情報をfacebookで!

株式会社ウィル・シード

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1-3-1
朝日生命恵比寿ビル9・11階

03-6408-0801 (代表)