WiLLSeed

海外トレーニー制度の実態と
効果に関する予備的考察

グローバル化に即した海外トレーニー制度を
深く検討することを通じて
今後の制度の最適なあり方を探る。

トレーニー制度の4つの特徴

今回の調査を通して、海外トレーニー制度の実態と、効果向上に向けた制度上・運用上の着目すべき要素を整理しました。
各社の海外トレーニー制度の特徴は、目的に応じて大きく4パターンに分けることができました。

01

将来
グローバルリーダーの
育成を目的としている

02

近い将来
海外派遣要員の
育成を目的としている

03

グローバル意識の
底上げを
目的としている

04

グローバル視点・経験の
獲得を
目的としている

目的別の特徴と共通する取り組み

目的によって、トレーニー制度の「運営主体」「派遣先選定」「派遣先との受け入れ調整」「現地での業務内容の調整」「派遣期間」「派遣人数」「派遣方法」「推進部署」「派遣後の配属」などに特徴が見られました。

また制度の運用に関しては、目的に関わらず各社共通して派遣期間中にトレーニーからの定期的な報告書の提出を義務付けており、一定の進捗管理は行なっている様子が見受けられました。

一部の企業の中には、トレーニー本人の意識や、受け入れ先での研修内容によって、海外トレーニー制度自体の効果が大きく左右されてしまうという問題意識から、さらなる育成効果の向上を目指している状況も伺えました。

制度をめぐる課題も山積

派遣期間、事前研修、本人の心構えの形成、トレーナーやメンターの対応、研修内容のモニタリング、派遣後のキャリア・パス、海外トレーニー制度の費用対効果など、各社の課題が浮き彫りになりました。

近年、海外での実務経験を通した人材育成としての海外トレーニー制度に対する各企業の関心が高まっていますが、今後、各企業の制度活用の目的や制度の位置づけに合わせて、育成施策として、より効果を高めるための制度の設計、改善が求められるのではないでしょうか。

無料調査レポート

海外トレーニー制度に関する調査結果をまとめた報告書のサマリー版を配布しています。
ご希望の方は、資料請求ページより、
ご希望の資料欄「海外トレーニー調査レポート」にチェックして送信してください。
本レポートは企業の人事・人材開発・教育研修ご担当者様向け資料ですので、
同業の方及び個人的な目的での資料請求はご遠慮いただいております。
あらかじめご了承ください。

その他のGHRDサービス

関連ケーススタディ

FOLLOW US最新情報をfacebookで!