WiLLSeed

調査研究・勉強会

大学・研究機関や人事有識者と協働して、
知のフロンティア開拓に取り組んでいます。

main_img02

海外トレーニーの調査・研究

日本企業のお家芸
「海外トレーニー」とは、
一体何なのか?

早稲田大学トランスナショナルHRM研究所と共同で、日本企業における海外トレーニー制度についての実態把握を行うための調査を、2012年から2013年にかけて2回実施しました。

この調査は、グローバル人材の育成施策の一つである海外トレーニー制度の実態を明らかにすること、制度自体の諸課題やトレーニーを効果的に育成するためにはどのような点に留意すべきかなど、今後の制度のあり方を考える際の基準とすることを目的としています。

海外トレーニーの実態を
明らかにした調査・研究

ウィル・シードは早稲田大学トランスナショナルHRM研究所と共同で、日本企業における海外トレーニー
制度について実態把握を行う調査を実施(2012~2013年)しました。

第一弾 調査
海外トレーニー制度の実態と
効果に関する予備的考察

海外トレーニー制度についての実態把握を行うため、国内企業12社を対象にインタビュー調査を実施し、海外トレーニー制度の実態と、効果向上に向けた制度上・運用上の着目すべき要素を整理いたしました。

第二弾 調査
海外トレーニー制度の
運用実態に関する考察

日本企業における海外トレーニー制度の実施状況に加え、海外トレーニーの派遣目的とそれに伴う制度設計、さらに制度運用と制度の効果•課題を網羅的に調査•分析しました。

initiative_img

有識者勉強会
「グローバル・イニシアティブ」

「グローバル人材とは?」
を問い直す

私たちは、中堅・若手のグローバル人事担当者を対象にした企画として「グローバル・イニシアティブ・アクト」を発足しました。本会では、「グローバル時代における日本企業の変化」への仮説づくり、「変化をチャンスに変換するための人事担当者のイニシアティブ」を生み出すことを目指します。

先を見据えたフランクな相互交流

参加者を各業界を牽引するリーディング企業様のみに限定しました。それは、率直な課題感や悩み、スピーカー企業様の講演という1wayで終わるのではなく、少数の参加者間にて、フランクに相互交流し、議論を深められる場を重視しているからです。

参加者間の情報共有のみならず、企業単位での交流や「グローバル・イニシアティブ対談」を通じて、人材業界へ一石を投じるなど、常に個人・企業を超えた未来を見据えた未来を模索しています。

initiativeact_img

有識者勉強会
「グローバル・
イニシアティブ・アクト」

グローバル人事としての足腰を鍛える

私たちは、中堅・若手のグローバル人事担当者を対象にした企画として「グローバル・イニシアティブ・アクト」を発足しました。本会では、「グローバル時代における日本企業の変化」への仮説づくり、「変化をチャンスに変換するための人事担当者のイニシアティブ」を生み出すことを目指します。

参加者の社内提案内容を
ブラッシュアップ

本会では「世界の動きを読み、日本の動きを理解し、事業のグローバル化を考える」ために、毎回、官庁(官僚)・起業家・研究者等を招いたり、企業での実際の取り組み事例を共有する中で新たな情報を得られます。

その上で、具体的アクションに主眼をおいて、他の参加者やアドバイザーからアドバイスを受けながら、参加者自身が担当している施策(制度)や自社の抱える課題解決に向けた社内提案を磨く機会としています。

その他のGHRDサービス

関連ケーススタディ

FOLLOW US最新情報をfacebookで!