子どもも大人も学ぶ社員参加型の教育CSRCASE10

Dell EMCEMCジャパン株式会社・デル株式会社

授業風景

ボランティアが運営するボランティア活動

ーDell EMCでは、企業CSRの位置づけで東三鷹学園 三鷹市立第一小学校で“いきいきゲーム”に取り組まれています。まずは概要を教えてください。

高松:2011年に、EMCジャパン株式会社のCSR活動のテーマの1つであるYouth Educationの活動として取り組みはじめ、今年からはDell EMCとしての取り組みに発展しました。今回も12月に全社へ募集し、あっという間に定員の20名が埋まりました。毎年参加される方や今年初めて参加される方、EMCジャパン株式会社もデル株式会社も交じり、新入社員から役員まで幅広いメンバーが参加してくれました。

ー具体的にはどのような活動をされるのでしょうか。

高松:三鷹市立第一小学校の5年生向けに、いきいきゲーム(ウィル・シード提供)の授業を1日します。Dell EMCの社員は、授業サポーターとしてゲームの進行をサポートしたり、授業の途中で「どんな仕事をしているの?」「初めて仕事をしたとき、または新しいことややったことのない仕事に取り組んだときにどうやった?」「会社にはどんな役割の仕事があるの?」という3つの質問に答えたりします。

私たちはB2Bビジネス、しかもストレージやサーバーという小学生には聞き慣れない商材を扱っているため、仕事内容を子どもたちに分かりやすく伝えるのは難しいです。ある年は実際にストレージディスクを持ちこんで紹介した人もいましたし、今年もサーバーを撮影して大きく引き伸ばした写真を持ち込むなど、工夫を凝らして仕事を紹介しています。

授業風景
Dell EMC(EMCジャパン株式会社)高松 良光 氏
Dell EMC(EMCジャパン株式会社)及川 綾 氏

ーこの活動を有志グループで運営しているのも特徴的です。

高松:今は過渡期なので、今後どのような形になっていくかわかりませんが、これまでは専任の部署ではなく、CSRコミュニティというグループが運営していました。専任部署ではないので、自分の本業を持った上で、兼任して取り組んできました。例えば、私はエンジニアですし、石井はセールスの人間です。

そのメンバーで会社にプレゼンテーションしてCSR活動の予算を獲得し、全社に告知して参加者を募り、事前説明会を開催して授業当日を迎える、という一連の運営に取り組んできました。

授業風景

ボランティア活動が「働きがい」にも
つながる

石井:私は新卒入社1年目ですが、1年目からこうやって色々と自由にやらせてもらえています。手を挙げれば挑戦させてもらえる職場、失敗を受け入れてくれる組織風土に感謝しています。

新卒1年目だと「覚えなくてはいけない業務が多々ある中、なぜ、ボランティア活動の運営をやっているんだ」と言われそうで心配していたのですが、私のマネジャーは「自分の分も行ってきてね」とあたたかくサポートしてくれます。この活動について、上司や同僚が反対する、支障になるというのは聞いたことがないですし、むしろサポートしてくれる方が多いと聞いています。

授業風景
Dell EMC(EMCジャパン株式会社)石井 美南海 氏

ー参加される社員の方にはどのような「学び」があるのでしょうか。

及川:小学生に色んなことを学んでもらうことがプログラムの一番の目的ですが、社内で参加者を募集するときは「小学生にとって最も印象深いと言われている授業です」と伝えると同時に、「社員の皆さんも子どもの成長を目の当たりにし、色んなことを学べる機会です」とも伝えています。子どもたち、私たち双方にとって学びが多いことが、このプログラムの良いところです。

私にとっても自分を見つめ直す機会になっています。授業の中でも伝えている「失敗おめでとう」や「Win-Win」という考え方は、私たちが日々仕事をしている時にも当てはまります。大人だからこそ「自分がこれを言ってしまったら上手くいかないのではないか」「今までこうしてきたから、こういう場合はこうだ」と思ってしまい、動けないこともあります。だからこそ、私も毎年この授業に参加して初心にかえろうとしていますし、実際に翌日から「疑問に思ったことはまず聞いてみよう」「まず自分で動いてみよう」と意識も変わります。

石井:様々な職種・立場の人が参加するので、日頃の業務を超えたネットワーキングをするよい機会にもなっています。授業の後に参加者の懇親会も開いていて、昨年からは学校の先生にも参加していただきましたし、今年からはデル株式会社、EMCジャパン株式会社双方の社員が参加するようになって、ますます交流範囲も広がりました。

授業風景

【導入された学校の声】

「働く大人」が学校に
入ってくる意味は大きい

ー今年で7回目の実施。企業で働いている大人が学校に来ることは、子どもたちにとってどのような意味があるのでしょうか。

北川:子どもたちが接する大人は、親と教師、スポーツクラブのコーチや塾の先生くらい。ほとんどの子どもは、お父さん・お母さんが具体的に何の仕事しているのかを聞いてもわかりません。だからこそ、先生とは違う立場の大人、しかも働いている大人が来てくれる機会は、とても良いこと。子どもの中に眠っていたアンテナの感度も高まります。この授業は、子どもにとって本当に忘れられない1日。今年で7回目をやって、自信をもってそう言えます。

東三鷹学園 三鷹市立第一小学校 北川 史朗 氏
東三鷹学園 三鷹市立第一小学校 北川 史朗 氏

自分は絶対に役に立てる
という自信をもてる

ー子どもたちには、どのようなメッセージが残っているのでしょうか。

北川:動いてみないと始まらない、とりあえず動いてみることで何かが始まる、動くことこそが最初の一歩だ、という経験は忘れないと思います。

それから「どこかで自分は絶対に役に立てる」という自信を持てることも大きい。教室の中だけでは、静かな子はそれほど目立たないし、自分から手を挙げないので委員長やリーダーなど陽の当たるポジションにはなりにくい。しかし、この授業ではその子が品質の高いモノを作っているからこそ儲かっているということがある。積極的な子もその子のおかげで儲かっていることをよくわかっている。静かな子は「自分のおかげで勝った」とは絶対に言いませんが、「自分が役に立てている」という実感は持てるし、自信に繋がります。

授業の後は、担任の活かし方次第ですが、例えばグループワークをやるときなど、この経験を思い出させています。「あの授業の時、どうだった?」「チームとして、高いパフォーマンスを示すために必要なことってなんだった?」と聞くだけで、子どもたちの動きは変わります。

そして、この授業を5年生の全く未完成な時期にやることで、6年生の1年間を丸々活かすことができます。6年生は学校の中でリーダーです。その立場・色々な場面で「失敗があるから成功がある」「絶対に自分が役に立つ場面がある」ことを思い出しながら取り組めます。私たち教師にとっても本当にありがたいプログラムです。

ただ疲れるだけなのではという心配も杞憂におわる

ー毎年、参加されているリピーターがいるのもすごいことです。

この授業は、Dell EMCの方が一緒に子どもたちへのメッセージをくれるということが素晴らしい。最初の頃、休みを使って学校に来て子どもの相手をするのは「ただ疲れるだけなのでは」と思っていました。私たちは子どもの声に慣れていますが、普段接していない方にとっては、あの「わぁわぁ」いう声は聞くだけで疲れるはずです。

しかし、毎年来てくださる方たちから「元気が出る」「エネルギーをもらいました」と言われて、まさかそんなことになっているとは思いもよらず驚きました。いくら世の中的に良いコトだとしても、やっている人が疲弊してしまえば続かない。今年からはEMCジャパン株式会社の方だけではなく、デル株式会社の方々にも来ていただいている。こうやってもっと広がっていくといいなと思います。

授業風景

【参加者の声】

大人にとっての学びが
大きい

・会社の理解もあり、今回はボランティア休暇を使って参加していますが、本当に参加する価値のある活動だと思います。子どもたちを見ていると、素直な行動・発言や、周りとの協調性など、自分自身も見直さなければいけないという気づきがあります。

・当たり前に思っていたことも、実は大人にとっての当たり前であって、子どもにとっては当たり前ではない。講師の方が言葉にして子どもたちに伝えているシーンに立ち会うと、私たちも気づけることが多くあった。

・今まで参加してきた人が「行ったらよかった」と口を揃えて言うのですが、イマイチよく分らなかった。今回参加し、例えば、何のために勉強するのかという目的意識を持ったり、今後どういう風になろうかと未来を考えたり、周りと一緒に協力しないと何かを達成することもできないなど、自分たちにも還元されるメッセージを学べた。もし誰かが「興味ある」と言ったら、同じように「大人も学べますよ」と勧めます。

いつもとは違った経験が、仕事にもプラスになる

・自分が普段行かないところに行くという経験は、自分にとって学びになります。ボランティアで小学校に来ることはなかなかできない。自分の枠を広げるという意味で、こうやって新しいことに取り組む機会を大事にしています。

・会社員として会社へ行き、仕事をして疲れて家へ帰って、ご飯を食べて寝る、というルーティンワークの中、新しい空気を吸い、自分の畑以外の畑を見る経験は刺激になります。自分も何か新しいことをはじめてみよう、今自分のやっている仕事に対しても新しいプラスの影響を与えようと考えます。ルーティンの中で狭まってしまった自分の思考を一歩ひいて見つめることで、自分自身の生活を充実させていくことにも繋がっていくと思います。

変化の速い時代だからこそ、“生きる力”を鍛える

・チームの中でどう協力するか、どう役割分担するか、他チームとどう交渉するか、あるいはルールはどうなっているのかを調べる・考える…。実は私たちの仕事も全く同じです。子どもたちが一所懸命やっているのを目の当たりにすると、私たちも気づかされます。

・私たちはIT企業です。今、社員全員が感じていることは、IT・テクノロジーの進化は本当に速く、例えば3年後にはどんなことになっているのか、わからないということ。子どもたちが高等教育で学ぶことは、この子たちが30歳、35歳になった時に全く使えない可能性がある。逆にこの授業のように変化に対して右往左往しながらも対応できる基盤を学ぶこと、つまり初等教育がとても大事だと感じています。

授業風景

この活動では、参加者一人ひとりが子どもたちを観察して、子どもたちの良かった点をまとめた『グッド・チャレンジシート』を渡します。子どもたちはそのシートを読んで、自分たちのことをもう一度知る機会を得ます。そして、後日、子どもたちは授業の感想をまとめた『お礼のお手紙』を送ります。この心温まる交流も、大人たち・子どもたち双方にとって代えがたい経験になっているのです。

FOLLOW US最新情報をfacebookで!

株式会社ウィル・シード

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1-3-1
朝日生命恵比寿ビル9階

03-6408-0801 (代表)